訪問看護ステーション ケアーズ

ケアーズパートナー専用ページログイン

「ヘルスアセスメントプロトコール」研修

「ヘルスアセスメントプロトコール」研修

ヘルスアセスプロトコールとは、訪問看護において看護師が利用者の状態を評価するための標準化されたアセスメント手順です。
このアセスメントプロトコルを習得することで、医師不在の状況で全身を隈なく、五感を駆使して診るフィジカルアセスメント能力と病状判断に結び付けるクリテイカルシンキングの能力が向上し質の高い看護を提供することが可能となります。
加えて、ケアーズではステーション管理者、看護師の評価基準としOJTに於ける伝承技術として位置づけ、ステーション全体の特徴として利用者満足度と地域エリアでの認知度をあげる根幹サービス技術となります。

「ヘルスアセスメントプロトコール」1

 アセスメントプロトコ-ルとは看護師による利用者の症状の発見スピードを医師レベルに上げ、観察・手技・視診を中心とした論理立てられた質の高い 看護を追及した米国発祥の施術技術である。加えてケアーズではステーション管理者、看護師の評価基準でありOJTに於ける伝承技術として 位置付け、ステーション全体の特徴として利用者満足度と地域エリアでの認知をあげる根幹サービス技術として推奨する。

「ヘルスアセスメントプロトコール」2