「訪問看護ステーション」には住まい併設を当たり前に!?

「訪問看護ステーション」には住まい併設を当たり前に!?

ケアーズの中村です。

ケアーズでは「訪問看護ステーション」には住まい併設を当たり前!というスタンスで様々をご紹介しています。

住まいを軸にした事業を展開すると・・・

2013年の全国の「空き家」の数は820万戸。30年後には3倍の2167万戸にまで増える見通しです。

単身高齢者、高齢者夫婦、日常生活の困難な高齢者はこれからも増えます。

住まいを軸にした事業を展開すると、今後も新たな高齢者向けビジネスが展開しやすくなります。

例えば、住まいの役割としては・・・

例えば高齢者向けの住まいの役割としては、

・住居としての機能・一時預かりする機能
・地域住民とのコミュニケーションの場の提供(スペースの有効)

などがあり、

訪問介護などの介護スタッフ、ボランティアや「空き家」特に「戸建住宅」を活用すること等で、小額資金で住まい事業(賃貸)の展開が可能です。

インキュベクスでは、現在「空き家」「戸建住宅」転用で5~6名入居の「高齢者向けシェアハウス」の開設を鶴見区にて計画しております。

高齢者向けの住まいは、地域連携や訪問看護ステーションの利用者様の獲得に有効です。

高齢者向けの住まいは、地域の病院・ケアマネージャー・ご家族との連携構築が容易になり、訪問看護ステーションの利用者の獲得につながります。

参加無料の事業説明会を全国で開催!

ケアーズでは、訪問看護ステーションの事業説明会を全国で開催しております。

説明会では、訪問看護の事業内容や本部からの様々なサポート内容を詳しくお伝え致します。

【説明会の内容】

これから求められる訪問看護のあり方
訪問看護ステーション事業の詳細
ケアーズの開業・運営支援内容
訪問看護ステーション開業の流れ
ご希望エリアのマーケットニーズ

等を詳しくお伝えいたします。

ケアーズに興味がある・参加したい経営者の方は、お気軽にご参加ください。