訪問看護の現場における「相手の話を聞き出す」ことの大切さ

訪問看護の現場における「相手の話を聞き出す」ことの大切さ


インキュベクスの渡邊です。

皆さん、普段「自分の考えを伝える」ことばかり考えていて「相手の話を聞き出す」ことを怠ってしまっていませんか?

訪問看護の現場では、様々な場面で「相手の話を聞き出す」技術が大切になってきます。

例えば・・・

・どのような生活環境にあり
・どのような歩みがあったのか
・それらによって、今が壁となるものは何か
・それらが心理的・精神的弊害を及ぼしていないか
・キーパーソンとなるのは誰かいるのか
・経済的面は、誰が管理しているのか

そして・・・

・今の現状をどのようにとらえていて
・今後 どう、なりたいと感じているのだろうか

など、その方の病気と治療だけでなく、生活・環境全般に視野を広げてご利用者様と向き合う必要があります。

そのためにも、「相手を尊重し、理解すること」が大切です。

もっと平たくいうと、相手の立場や思考をわかってあげることが「相手の話を聞き出す」つながります。

来年 ケアーズでは、パートナー様同士の事例検討・カンファレンスを予定しています

来年 ケアーズでは、パートナーの皆様が普段疑問に感じた、ケアの振り返りや事例検討・カンファレンスの開催を予定しています。

同じ疾患を抱えていても生活環境・家族関係など様々情報が異なります

その「どうやって?」「どうして?」・・・など様々なケースを同じ訪問看護師同士で紐解いていきます。

・でも、だって、どうやって関われば良いの?
・どうやって声かけをしたらよいの?
・何から聞き出せばよいの?

などなど、みんな 同じように判断や解決策、対応に考え、悩むこともあります。

これからの在宅のありかた、そしてこれからの看護師医療職としての関わりかた。

一緒に考えていきましょう!

関連記事

  1. 管理者に必要な「経営資源」の視点と、「訪問調整」について(1)

  2. ご利用者は、あなたが来るのを心待ちにしています|訪問看護エピソード①

  3. 「訪問看護師としての源」となった、新人の私にがん末期患者が語ってくれた…

  4. 疑問をストレートに発言できる仕事環境で、訪問看護の独立開業の勉強をして…

  5. 管理者に必要な「経営資源」の視点と、「訪問調整」について(2)

  6. <片麻痺のある状態>に対するケア(コミュニケーション)について③

無料で認知症状についての相談できます!
Webで簡単入力・所要時間は、5分程度です。

cares-center
cares-center

 

最近の記事

cares-center
cares-center