Vol.11「訪問看護は、本業を活かすツールとなる」

~こんなストーリーでご案内しております~ 
Vol.11「訪問看護は、本業を活かすツールとなる」

INQ中村です。

シリーズ11回目は、訪問看護が生み出すシナジー効果をより具体的にお話いたします。

昨日のシナジー効果に近いお話になりますが、最近、不動産、建設業の方の参入が増えております。

「クライアントからの相談で、20年前に建てた学生寮が全く埋まらない。何か転用できない?と聞かれた」

「高齢者施設の建設依頼を受けたが、同時に集客方法の知恵もほしい、と言われている」

「サ高住を建てたが、空室が多く、採算がとれない」

など、ご相談をいただくことがあります。

私は、「御社で訪問看護を始めませんか?」とご案内しています。

例えば、学生寮を高齢者住宅に転用する。

ここは、本業の部分。

そして、入居者確保は訪問看護を展開することにより、自然発生的に行え、満床に。

訪問看護という事業を持つことが、強力な集客手法を持つことに繋がります

なぜ?

訪問看護を展開すると、

「独り暮らしで、こんな大きな家はいらない、どこか住むところない?」

「家族に負担をかけてられないから、高齢者住宅へ移りたい」

など、“住まい”に関する要望を聞くケースが多く出てきます。

その際、「ご紹介できる住まいがありますよ」、と提案することで、あっという間に満床です。

訪問看護という事業を持つことが、強力な集客手法を持つ、ということに繋がるのです。

つまり、訪問看護は、本業を活かすツールとなります。

参加無料の事業説明会を全国で開催!

ケアーズでは、訪問看護ステーションの事業説明会を全国で開催しております。

説明会では、訪問看護の事業内容や本部からの様々なサポート内容を詳しくお伝え致します。

【説明会の内容】

これから求められる訪問看護のあり方
訪問看護ステーション事業の詳細
ケアーズの開業・運営支援内容
訪問看護ステーション開業の流れ
ご希望エリアのマーケットニーズ

等を詳しくお伝えいたします。

ケアーズに興味がある・参加したい経営者の方は、お気軽にご参加ください。

関連記事

  1. 訪問看護ステーションの採用と営業に直結したイベント開催例

  2. Vol.7「ケアーズは、営業利益率が高い」

  3. Vol.12 「本日は、シリーズ最終回。再度、要点をお伝えします」

  4. 私が「経営者率先型」訪問看護ステーションをおすすめする理由

  5. Vol.1「訪問看護は国策と捉えています。その2」

  6. Vol.5「訪問看護ステーションの廃業・休止が多い理由 その1」