【第35回】フェイスブックで知り合い、社会福祉士志望の介護職をお迎えする

フェイスブックで知り合い、社会福祉士志望の介護職をお迎えする


インキュベクス 上村です。

FB(フェイスブック)で知り合い、「介護の王国」で勤務いただくことになったTKさん。

実は1月19日に面談し、1月22日には採用を伝え、3月1日から入社をしていただく。

私自身が社会福祉士の学校に通っていた時期もあることから、社会福祉士を目指す彼の方針・方向は非常にうなずけるものであった。

現在の年収は300万円とのこと、私は420万円で提示し合意した。まずは・・

そこからスタートし段階的に成長を後押ししたいと考えている。

介護職で年収420万円は普通と比べたらいいんだろう、でもまだまだ勉強してもらいながら次々と彼のステージは用意させてもらいたい。

社会福祉士志望の彼だけに「認知症消失センター」の開業、「¥95.000の介護施設」「自立させる教育カリキュラム」すべてにうなづけるものがあったようだ。

私は彼のような理想をもつ人間、努力する人間。疑問を持ち続ける人間が好きだ。

年齢は45歳、まだまだ25年は働けるだろう。

ちなみに70歳を間近に迎える方にもわが社にきませんか?というお声がけをさせてもらった。

採用には老いも、若いも関係ない。

やり遂げたい人とだけ、やりたい!


【第17回】訪問看護ステーションにおける人材育成が急務だ。

ケアーズグループ代表
上村 隆幸(かみむら たかゆき)

1965年神奈川県生まれ。1998年、起業コンサルタント業を開始し、以来3000社を超える起業支援を手がける。日本の医療が在宅へと大きく変化することに従い、「子供からお年寄りまで」すべての生活者が安心と幸福を実感できる地域社会づくりの必要性から、「訪問看護ステーション開業運営支援」を開始。その支援先は民間企業から介護事業者まで全国700社以上に広がる。また「介護の王国」では食費を含めた¥95.000を関東圏で実現する。

1965年神奈川県生まれ
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 保健医療学 博士課程在籍
産業技術大学院大学 修士 Technology in Innovation for design and Engineering
新極真空手 木元道場 初段

学会
日本医療マネージメント学会
国際プロジェクト・プログラムマネージメント学会(国際P2M)
日本自律支援介護・パワーリハ学会

所属団体
日本医療ジャーナリスト協会会員

関連記事

  1. 【第22回】訪問看護ステーションのデジタルトランスフォーメーション!!…

  2. 【第17回】訪問看護ステーションにおける人材育成が急務だ。

  3. 【第30回】認知症専門の介護施設づくりを決めた!

  4. 【38回】訪問看護ステーションの稼動率向上について思うこと

  5. 【第37回】本当にやりたいこと

  6. 【39回】介護施設経営は「Enthusiasm」、これがなければはじま…