【41回】訪問看護ステーションのナースは求人広告で集まるのか?

訪問看護ステーションのナースは求人広告で集まるのか?

インキュベクス 上村です。

結論から申し上げると・・ナースはあつまります。

一方で、訪問看護ステーション経営をされている経営者の皆様は求人広告はどれくらいの予算をかけられているのでしょうか?

私が別に経営する訪問看護ステーションの求人は、ケアーズの起業支援サービスにオマカセしています。

※もちろん契約金を支払った上で・・お願いしています。

実は月間広告費用は月額数万円です。

エリアのおかげかもしれません・・実は月間広告費用は月額数万円。

その効果は、昨年の9月から訪問看護ステーションを開業し、現在はおおよそ5名の看護師さんが活動しており、この2月から5月までは毎月1~2名のペースで入職が決まっています。

つまり・・仕掛けがきちんとしていれば、効果的であるということです。

しかし、訪問看護ステーション経営者としては・・・

しかし、訪問看護ステーション経営者としては、まだまだ人手が欲しい位ですので、わたし自身が訪問看護ステーション起業支援プランの契約者の立場でケーアーズに本部に依頼したことは合同広告の出稿を依頼したところです。

たとえば、月額5万円の予算を1社が負担し、計100社の訪問看護ステーションで共同広告を仕掛ける場合のインパクトは計り知れません。

1社では少しの負担であっても皆でやると大きな効果が期待できるわけです。

まずは月額予算500万円から最大200社による共同広告で毎月1000万円の看護師のための採用プロモーションをしかけていきたいわけです。

その他、マーケティング4.0時代にふさわしい仕掛けは数多用意します。

データドリブンな環境整備を支援し、訪問看護ステーション経営者をマーケッターに育てるということもすすめています。


【第17回】訪問看護ステーションにおける人材育成が急務だ。

ケアーズグループ代表
上村 隆幸(かみむら たかゆき)

1965年神奈川県生まれ。1998年、起業コンサルタント業を開始し、以来3000社を超える起業支援を手がける。日本の医療が在宅へと大きく変化することに従い、「子供からお年寄りまで」すべての生活者が安心と幸福を実感できる地域社会づくりの必要性から、「訪問看護ステーション開業運営支援」を開始。その支援先は民間企業から介護事業者まで全国700社以上に広がる。また「介護の王国」では食費を含めた¥95.000を関東圏で実現する。

1965年神奈川県生まれ
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 保健医療学 博士課程在籍
産業技術大学院大学 修士 Technology in Innovation for design and Engineering
新極真空手 木元道場 初段

学会
日本医療マネージメント学会
国際プロジェクト・プログラムマネージメント学会(国際P2M)
日本自律支援介護・パワーリハ学会

所属団体
日本医療ジャーナリスト協会会員

関連記事

  1. 【第14回】”訪問看護師”のOJTについて・・

  2. 【第36回】不動産フランチャイズネットワーク『介護の王国』の営業初日

  3. 【第33回】「介護の王国」は経理を全自動化することで事務コストを削減す…

  4. 【第22回】訪問看護ステーションのデジタルトランスフォーメーション!!…

  5. 【47回】仕事は楽しいわけないだろ!? いや、楽しすぎるだろう!

  6. 【42回】ケアーズ訪問看護ステーションの研修はどのタイトルが業績に効く…