【山崎まやの訪問看護応援ブログ】 第4回「訪問看護ステーションを独立開業したいあなたへ」

元衆議院議員・旭川大学特任教授
山崎 摩耶(やまざき まや)

訪問看護のパイオニアとして70年代より訪問看護に従事、制度創設に尽力。介護保険は創設時より社会保障審議会・介護保険部会、介護給付費分科会、ケアマネ養成、身体拘束ゼロ作戦会議の座長等でかかわる。日本看護協会常任理事、日本訪問看護振興財団常務理事、全国訪問看護事業協会常務理事を歴任。2009年衆議院総選挙に北海道比例で初当選。2017年総選挙では惜敗。旭川医大客員教授、岩手県立大学教授等歴任。
主な著書は「患者とともに創る退院調整ガイドブック」中央法規出版社、「最新訪問看護研修テキスト」日本看護協会出版会(編著)など著書、論文多数。

【山崎まやの訪問看護応援ブログ】
第4回 「訪問看護ステーションを独立開業したいあなたへ」

訪問看護ステーションを独立開業したいあなたへ

春爛漫、日本列島が一番かがやく季節ですね。桜をはじめ百花繚乱の風景を眺めながらの訪問看護は、何とも言えない充実した気分にさせてくれるのではないでしょうか?

四季の光景を楽しみながら、利用者や家族との悲喜こもごもの訪問看護の日々は、病院臨床では味わえない看護の醍醐味を確信できることが訪問看護の現場と言えるでしょう。

先日もわが家に福島、茨城、千葉、福岡そして東京で訪問看護ステーションの所長をしている若手が10人ほど集まり、ワイワイとお花見パーテイをしたのですが、話はさくらより訪問看護のあれこれで尽きません。

みなさん、自分で開業したり、医療法人の傘の下のステーションでも自分の理念で主体的に運営している所長さんばかりですから、人事にも経営にも責任を持つプレイング・マネジャーとして活き活きと前向きです。

その秘訣は何といっても訪問看護の面白さ。毎日の訪問でビンビンと直接返ってくる利用者・家族の看護への評価にあるようですし、もちろん「社会貢献ビジネス」としても今後の展望があるということでしょう。

地域包括ケアを動かすエンジンになる訪問看護。病院機能の再編と早期退院、看護と介護の連携強化や在宅看取り推進に政策が動く中、今回の報酬改定でも訪問看護への期待は如実でステーションの経営には追い風でした。

臨床で数年、技に磨きをかけて患者さんに寄り添い、これからは訪問看護ステーションを独立開業したいと思っているあなた。

病院看護に限界を感じて訪問看護で自分の求める看護をやりたいと思っているあなた。

退職を前に腕を活かしたステーション経営を目論んでいるあなた。

どうぞ夢の実現をしてください。応援します!

関連記事

  1. 【山崎まやの訪問看護応援ブログ】 「21世紀は訪問看護の時代、または訪…

  2. 【山崎まやの訪問看護応援ブログ】 「21世紀は訪問看護の時代、または訪…

  3. 【山崎まやの訪問看護応援ブログ】 「21世紀は訪問看護の時代、または訪…

  4. 【山崎まやの訪問看護応援ブログ】 第5回「訪問看護の機能を高める手腕を…

無料で認知症状についての相談できます!
Webで簡単入力・所要時間は、5分程度です。

cares-center
cares-center

最近の記事

cares-center
cares-center