家庭を大切にしたい、でも生涯看護師!|看護師の新たな職場は訪問看護

家庭を大切にしたい、でも生涯看護師!|看護師の新たな職場は訪問看護

こんにちは。ケアーズの水内です。

まだまだ結婚や出産といったライフイベントに人生を左右されやすいのが女性の現実だと思います。

今回は、子育てと仕事を両立するためのライフワークバランスを考え、自身のライフプランに合わせる、そんな看護師の働き方をご紹介します。

看護師としての働き方はたくさんある

大学病院に代表される総合病院での勤務は、最先端医療・総合医療の現場として多様な看護業務を網羅することができ、また専門性を高めることも可能です。外来・病棟・ICU・救命・手術室など様々な選択肢があります。看護師として学びたいことが明確な方のキャリア形成には向いているかもしれません。

しかしその反面、勉強会や委員会など看護業務以外に携わることやそのための時間が要求されるのも事実でしょう。また、自分のやりたいことが出来るかどうか、勤務時間・休日などは勤務先の規定や人員配置のバランスによるもので、個人の自由にはなりません。

他にも診療所やクリニックで比較的時間的にも業務的にもゆったりと働く、療養施設で看護師としての仕事に向き合いながらキャリアを積む、など様々な働き方があります。

訪問看護で働くということ

訪問看護では、「休日が決まっている」「夜勤がない」など働く条件面でのメリットが大きいということを知らない方も多いのではないでしょうか。

自分が決めた日、ある程度決めた時間にお仕事をする、病院勤務ではなかなか出来ることではありません。夜勤対応としてオンコール体制を取っている訪問看護ステーションもありますが、「対応が出来る・出来ない」を他の勤務条件と一緒に提示することが可能です。
また、1件ごとに伺い、業務が完結することから、残業が発生しづらいという側面もあります。

就業の好条件だけで満足できますか?

診療所やクリニックに勤務した場合、病院勤務と比較して時間という部分では拘束されることは少なくなります。しかし、今までの経験を存分に活かして働くことが出来る職場にはならないかもしれません。

看護師としてのホスピタリティを全力で発揮できる、そんな環境を望んでいる自分がいませんか?

ライフプラン・イベントに合った就業条件で、今までのキャリアを活かして、看護師としての思いも満たすのが訪問看護だと思います。

「訪問看護」という医療が求められる時代はこれからも続く

訪問看護は、在宅医療を必要とするご利用者に直接的処置を施すのが仕事です。ご利用者の一番近くで、そのご家族へのケアを含めて、丁寧な看護・取り組みをしたいと感じているあなたに適した環境といえます。看護師として学んできたこと、これまで経験してきたこと以上を体験する「看護のあるべき姿」がここにあります。

日本のこれからを支える医療のあり方として、訪問看護はこれからも需要が高まり続ける将来性の高い事業となります。看護のキャリアがあるからこそ、そしてあなたを求める人がいるからこそ、どんなライフプランに身を置いていても長く働くことが出来るのも訪問看護です。

子育てがあって働くことを諦めている・今後看護師としてどんな風に働くか不安があるそんな方も多いと思います。でも「こんな看護がずっとしたかった」はずです。

働き方のひとつとして在宅医療の現場に飛び込んでみるのもよいのではないでしょうか。

関連記事

  1. 本日は埼玉県にて開業1年目を迎える訪問看護ステーションに訪問しました

  2. 本日は神奈川県の今春に開業予定の訪問看護ステーションに訪問しました

  3. 今回は新潟県上越市のステーションのご支援に伺いました。

  4. 今回は神奈川県西部のステーションのご支援に伺いました(2)

  5. 開業が間近に迫った大阪の訪問看護ステーションへと訪問しました

  6. 「通所介護事業所との連携が看護師の余剰人員を埋める!?」本日は、開業さ…

無料で認知症状についての相談できます!
Webで簡単入力・所要時間は、5分程度です。

cares-center
cares-center

 

最近の記事

cares-center
cares-center