地域で活躍する看護師の職場|訪問看護・看護師の1日

地域で活躍する看護師の職場|訪問看護・看護師の1日

こんにちは。看護師の渡邉です。

2050年に日本は高齢者、非就業者に人口が偏る「逆ピラミッド型」の超高齢化社会を迎えます。そこで今以上に、地域包括ケアシステムや在宅医療・介護が必要とされています。

今回は、看護師が居宅に出向く訪問看護における看護師のお仕事についてお話したいと思います。

地域包括ケアシステムとこれから

地域包括ケアシステムとは、高齢者が「住み慣れた地域」で介護や医療、生活支援サポート及びサービスを受けられるよう市区町村が中心となり、「住まい」「医療」「介護」「生活支援・介護予防」を“包括的に”取り組む体制のことです。2025年までの確立に向けて、着々と整備が進められています。

2025年には団塊の世代が75歳を迎え、高齢者の増加に対して病床が不足するといわれている上、政府は医療費の削減のために病床を減らすことを目標にしています。

高齢者の人口が増えると同時に病床が減ることで、自宅や介護施設での治療に切り替えていく政府の方針もあり、必要性ももちろんあるわけです。

これからの日本では、医療が在宅医療・介護にシフトしていくにつれ、自ずと看護師の働く場所も社会背景と共にシフトしていきます。

「訪問看護」って興味あるけど、実際の1日は?

訪問看護の一日は、訪問予定の確認とご利用者の情報収集をすることから始まります。出発の準備が完了したら、ご利用者が生活する場(居宅)へ1日4~5件訪問し、看護ケアの提供をさせていただきます。お住まいの地域の活動や生活の場面での問題点等を汲み取り、状態の維持・回復が促進できるようにケアを行います。

大切なことは、ご利用者さまのかかりつけ医と連携を図りながら、生活環境、ご自宅の様子に合わせたケアの提供を実施することです。

院内など限られた範囲ではなく、地域で活躍する看護師へ!

訪問看護は、看護師にとって主たる職場として社会的に成長していきます。経験がないことには、誰しも不安を抱えるものです。訪問看護に感じているその不安は、必ず払拭することができます。

例えば・・・

○未経験の方は、先輩職員と同行を繰り返してから単独での訪問へ。

○初めての訪問先への不安は、毎日ミーティングを行いご利用者さまの情報を共有。

○関わったことのない事例への対応も、カンファレンスや勉強会を開催。

○技術面では、職員全員で情報を共有し同じケアを提供。

どうですか?あなたは決して一人ではありません。同じステーションで働く仲間がいて、地域密着型のコミュニティで助け合う仲間もいます。

訪問看護という専門的な看護の判断力・技術を必要とする医療の現場で、看護師として地域に広く貢献する働き方があることをもっと多くの看護師に知ってもらいたいと思っています。

関連記事

  1. 管理者に必要な「経営資源」の視点と、「訪問調整」について(1)

  2. 独立開業を目指して一念発起、ステーションの近くへと引っ越しました!

  3. これから訪問看護ステーションの「管理者」にトライされる方へ

  4. 疑問をストレートに発言できる仕事環境で、訪問看護の独立開業の勉強をして…

  5. 将来の夢は独立開業です!そのためにはるばる神奈川の訪問看護ステーション…

  6. 新人管理者の心得・気持ちの切り替え方