ケアーズでは、今後も継続的な成長をご支援できるよう、時代が求めるニーズや国の医療政策の動向を踏まえ、将来を先取りしたケアサービス、事業体制をいち早くご案内しています。

新たに在宅医療介護に求められるサービスのあり方とは?

新たに在宅医療介護に求められるサービスのあり方は、「住まい」も含めた複合的なサービスとなりつつあります。「ご自宅」を療養の場とできない高齢患者に向けた、新たな「お預かりの場」の機能が、今、訪問看護を始めとした在宅医療介護に求められています。

具体的には、急性期病床の縮小等による早期退院患者の増加が、在宅復帰が難しい高齢患者を大量に退院させる事態を生みます。そこで、訪問看護ステーションが円滑に退院支援を行うためには、「預かり機能」を併設し在宅復帰の支援を提供する必要が出てくるのです。

このニーズに対応するサービスが、訪問看護ステーションに併設された療養通所介護事業所です。中重度者を短期間預かり、退院から在宅復帰への“つなぎ”を担います。

ケアーズ「療養通所介護」はこちらをご覧ください。

また、同様に中長期間、高齢患者をお預かりし、在宅での生活が円滑に送れるように身体の状態を回復させる老人ホームも、訪問看護ステーションとの連携が望まれるサービスです。

私達は住宅型有料老人ホームと訪問介護を組み合わせた「介護の王国」の開業支援を提供し、低価格の料金ながら「自立支援介護」を提供できる体制をご提案しています。さらに、自立できた方が同じく低価格で安心して住まえる、通称「スマートハウス」こと見守り機能付きの賃貸住宅も、ご提案しています。

「介護の王国」のWebサイトはこちら

訪問看護ステーションの周辺に展開する、時代のニーズを読み取った新たなサービス提供体制を開発

このように、ケアーズの訪問看護ステーションが将来に渡り、成長し続けられるように、支援会社であるインキュベクスでは、訪問看護ステーションの周辺に展開する、時代のニーズを読み取った新たなサービス提供体制を開発して、支援内容へと追加し続けています。

また、インキュベクスでは、ケアーズの訪問看護ステーションが新たな展開にも着実に挑んでいけるよう、産学官を問わず在宅医療介護分野を牽引するプロフェッショナルからの学びを、参入される方にご提供し続けております。

国際医療福祉大学大学院 教授 武藤 正樹氏のコラムはこちら


< ケアーズの支援体制
ケアーズとは >