2017年12月20日(水) サービスアーキテクト研修 「看護師・療法士の採用に向けた『号給表の徹底理解』~採用を促進する仕組みづくり~」を開催しました。

2017年12月20日(水) サービスアーキテクト研修 「看護師・療法士の採用に向けた『号給表の徹底理解』~採用を促進する仕組みづくり~」を新横浜会場で開催しました。

先週12月20日(水) にケアーズの中でも高い人気を誇る「サービスアーキテクト研修」が開催されました。

講師を務めるのは、訪問看護運営企業の役員を務めた経験を持つ弊社の事業サポート部 部長 長谷川 栄一です。

訪問看護ステーションの成長に不可欠となる「データに基づく経営判断を促進する仕組み」を徹底的な学べる研修です。

今回も訪問看護ステーションの経営者様、管理者様が大勢参加されました。

今回のテーマの採用ですが、特に

・号給・号俸
・みなし
・残業採用時の評価基準

を具体的な事例をベースに徹底的に分析・解説。

看護師さんの転職情報から、働きやすい職場のポイントを整理し、採用で興味を喚起する方法をじっくり学んでいただきまました。

看護師さんの『経験値』を給料規定をもとに反映できるため、経験の高い看護師さんの採用が容易になります。

採用選考においてキーパーソンが自らの目でしっかりと面談し、納得して採用を決定することは、継続的に成長する訪問看護ステーションを実現する上でも大切なプロセスです。

この日は、朝の10時の開始から19時過ぎまでという、前回も上回る長時間の研修でしたが、最後まで皆様、熱心に学んでおられました。

次回の「サービスアーキテクト研修」もご期待ください。