3月20日(火)に、「加算トレーニング3<基礎編3>ターミナルに関する加算/その他加算」を、開催いたしました。

3月20日(火)に、「加算トレーニング3<基礎編3>ターミナルに関する加算/その他加算」を、開催いたしました。

講師を務めてくださったのは、みんなの訪問看護リハビリステーションの所長である森元 陽子様と、同ステーションの甘糟 玲子様です。

今回の加算研修では「ターミナルに関する加算」をテーマに取り上げました。

判断の難しい事例の1つである「看取り」について、しっかりと学びたい方が集まりました。

また、これまではケアーズスタッフのみの受講となっていましたが、ケアーズ研修が一般の方にも初めて公開されました。今後、ケアーズ以外の看護師さんも参加することで、お互いにスキルを磨き、質の高い学びの場を提供していきたいと考えています。

本研修にご参加いただいた方で、今まで訪問看護を6年経験して、大好きだった訪問看護が、管理者になってから立ち上げ準備で余裕がなくて楽しくないと感じていたとのことでしたが、「在宅で生活されるご利用者に夜間対応や安否確認などのケアできる訪問看護の楽しさを思い出すことができた。」と語ってくださったことが印象的でした。

2018年度の介護保険改定で注目集まる加算研修ですが、訪問看護が在宅でどの治療を行うことでいくら加算を取れるかを学ぶことだけでなく、グループワークを行いながら、「訪問看護の楽しさを知ること」もこの研修の魅力ならではと言えます。

次回は、4月17日(火)13:30~15:00に『加算トレーニング4<症例編>ガン末期-1』をテーマに開催いたしますので、お見逃しなくご参加ください。

※大阪でのパブリックビューイングも開催いたします。