3月28日(木)新横浜の本社で、「アセスメント器官別編2~消化器~」を開催いたしました。

3月28日(木)新横浜の本社で、「アセスメント器官別編2~消化器~」を開催いたしました。

講講師講師を務めてくださるのは、「ヘルスアセスメントプロトコール」の共同開発者で、米国での留学・就業の経験を持つ、看護師の軽部厚先生です。

今回は、「器官別編2~消化器~」と題して、フィジカルアセスメントするポイントを学んでいただきました。

訪問看護における腹部のフィジカルアセスメントから腹部症状を訴える利用者の分析の仕方、疾患別の観察ポイントなどまで今回も幅広い内容となりました。

多くの管理者・看護師さんが参加され、実技研修では腹部のフィジカルアセスメントを行い、打診する箇所によって打音が全く違い、看護師さんが大変驚き、熱心に学ばれていました。

次回は、4月18日(水)13:30~16:30新横浜でアセスメント研修症例編2消化器疾患別アセスメント~便秘/ストマ/急性腹症~といったテーマで開催いたします。

ぜひ次回も、ご参加ください。