4月17日(火)に、加算トレーニング4<症例編>がん末期-1を開催いたしました。

4月17日(火)に、加算トレーニング4<症例編>がん末期-1を開催いたしました。

今回も講師には、みんなの訪問看護リハビリステーションの所長である森元 陽子様と、同ステーションの甘糟 玲子様をお迎えしました。

さて、今回の研修では「がん末期に関する加算」をテーマに取り上げました。

ガン末期に関するグループワーク中心の内容となり、グループメンバーがいつも以上にお互いに意見を出し合う様子がみえました。

そのため、参加していただいた看護師さんが、自ら事例を考えて、訪問看護に適応できるような研修内容となりました。

グループワークでは、

・「地域連携室の相談員からがんのご利用者新規依頼が入った」ケース
・「指示書に他の訪問看護が入っている」ケース
・「がん末期の看取り」対応

といった疑問点について参加者みんなで話し合いました。

次回は、5月22日(火)13:30~15:30に『加算トレーニング4<症例編>ガン末期-2』をテーマに開催いたします。

※大阪でのパブリックビューイングも開催いたします。
次回もガン末期をテーマに研修を開催いたしますが、今回参加できなかった方も学べる内容となっています。
ぜひ、次回もお見逃しなくご参加ください。