ケアーズ「療養通所介護」とは?

「療養通所介護」は、(国の進める国民医療費抑制の動きに伴い増加する)在宅復帰が難しい中重度患者の新たな受け皿として注目されていながら、これまで収益構造と支援体制の構造が難しいため、なかなか設置が進んでいなかった介護保険事業です。

この度、ケアーズでは、業界に先駆けて「訪問看護ステーション」が取り組む「療養通所介護」事業化を直営及び、ケアーズパートナー様と共に着手してまいります。

ケアーズの「療養通所介護」は重度患者の受け入れにとどまらず、「自立支援」「減薬」への取り組み、「アウトカム評価」の向上に向けた室内環境、専門性の高い看護師配置、さらに「IoTによる状態把握」「症例別のケア方針」など最先端の事業モデルにチャレンジしております。

ケアーズグループの訪問看護ステーションの次の展開を想定して開発している事業モデルですので、パートナー企業様には、無理なくスタートすることが可能です。

ケアーズ「療養通所介護」全体イメージ

これまでの訪問看護ステーションは、病院で行われる退院カンファレンスから退院支援にかかわることはあっても、在宅復帰が難しい方への支援では活躍の場が少ない状況でした。

ステーションが療養通所介護を併設することで

訪問看護ステーションが療養通所介護を併設することで、退院から在宅復帰までの間に短期間の「預かり」が可能になり、これまで難しかった在宅復帰の支援が可能になります。

これによって退院から在宅療養までのシームレスな流れが作れ、対病院向けの連携と利用者獲得が強化される他、中重度者向けの預かり、見守りといった機能を新たに有することで、サービスや利用者の幅が広がります。

なぜ「療養通所介護」が必要なのか?

なぜ「療養通所介護」が必要なのか?

退院後の行き場に困る高齢者とその家族が増加

既に急性期病床の減少とそれにともなう早期退院患者の増大は目前に迫る懸念となっており、退院後の行き場に困る高齢患者が確実に増加することがわかっています。

しかし、その方々の自宅が必ずしも病院のベッドの代わりの受け皿とできるわけではありません。退院後に在宅復帰が難しい高齢患者は少なくなく、在宅復帰のための支援や受け皿の整備が必要とされています。

また、止まらぬ高齢化による医療費の増大が進み、これを抑制しなければ現在の医療介護制度を維持できない可能性が高まる中で、そうした医療費抑制の手段としても、高齢患者の在宅復帰支援とそのための状態の改善を進める必要が出ています。

そこで中重度者への対応が可能で、ベッドを持ち「預かり」の機能を有する療養通所介護がその受け皿、そして状態改善を目指す機能として注目されています。

入院時から医療機関との連携強化

訪問看護ステーションの売上の多くは介護保険に関するものであり、そのため必然的に介護保険によるケアの計画を立案するケアマネジャー(介護支援専門員)との関係強化や連携が重視されてきました。一方で、今後早期退院患者が増え、その受け皿を探す病院との連携を強めている訪問看護ステーションは少なかった現状があります。

ケアーズでは、ケアマネジャーとの関係構築はもちろんのこと、訪問看護ステーションに療養通所介護を併設することで、早期退院する高齢患者の受け皿、そして在宅復帰支援の提供の場とし、それによって病院とのいっそうの関係強化を実現します。

< ケアーズ「療養通所介護」サポート体制
ケアーズ「療養通所介護」の特徴と強み >

無料で認知症状についての相談できます!
Webで簡単入力・所要時間は、5分程度です。

cares-center

制作実績一覧

cares-center

最近の記事

cares-center
cares-center